diary

小石川植物園スケッチ会

今年の初め、ギャラリーカフェ橙灯さんが年4回定期的に開催している
指南役が画家の牧野伊三夫さんの小石川植物園スケッチ会に参加しました。

牧野さんと「スケッチ会今度参加してもいいですか」「いいよー」
なんて会話を交わしてそれから妊娠出産など2,3年も月日が流れ、
その間も2回も牧野さんに偶然お会いしつつ、やっとこさのスケッチ会でした。
小石川公園は広くて大きな樹が沢山。
外で描く久しぶりの感覚。気持ち良い。
最初寒いかも、と懸念していた2時間はあっという間でした。
場所を移して橙灯坂崎さんお手製のお弁当を会食。
根菜と鮭の粕汁、大豆飯のおむすび、こんにゃく甘辛炒め。
これがもう本当に美味しくて。
この坂崎お弁当食べたさにまた参加したいくらい。
粕汁は昔よく母がお正月に作っていた料理だったので
うれしくて体もぽかぽか。
その後講評があって、銭湯へ。
そして美味しくて庶民的な中華屋さんで懇親会。
一日とっても楽しかった。


そのスケッチ会の参加者の作品や感想、写真、お弁当のレシピが掲載された
小冊子が届きました。

掲載作品。

他、この日に描いたいろいろ。


春の会はもう定員だそうで。
春の小石川公園、新しい緑がキレイだろうな。
| お知らせ | 03:11 | - | - |edit
イラストレーションファイル2014
この1年間の日本のイラストレーション・シーンを俯瞰する「年鑑」
イラストレーションファイル2014」玄光社 3,200円(プラス税)
が2014年3月28日発売されました。
上巻、下巻とあり、私は上巻のP210に掲載されてます。
昨年のブックカバーの仕事を中心にピックアップしました。

今年のファイル、モノクロでグラフィカルで
とてもかわいい。好きです。
そして「illustration」のロゴ。これやっぱり良い。
と、帯を見て改めて思ったわけでした。
あとデハラさんの選んだ方の作品が衝撃的でした。ふふふふ。

 
| お知らせ | 02:04 | - | - |edit
urbis

昨年の秋に発売されているものですが、
ニュージーランドの建築、家具、モダンアートの雑誌
urbis の取材を受けました。
内容はこちら
TISに掲載されている私の絵をみて連絡をくれました。
他にも色んな人が取材を受けていて、面白いです。
urbisのサイト、写真がキレイでかっこいい。
ニュージーランドは人口が少ないのでエディトリアル業界、
広告業界とても小さく
イラストレーターも絵本作家も
若い人が世に出るのは大変厳しいという事でした。

I was interviewed by the urbis magazine.
Words Kirsten Matthew Images Simon Devitt
| お知らせ | 20:19 | - | - |edit
作品販売します
先日作品「cat」をブログ特別販売したところ、
大変喜んでいただけたので
また作品特別販売をします。


「飼育係」420×297mm(A3サイズ)→sold out


「冬のはじまり」420×297mm(A3サイズ) →sold out


「お庭で」297×210mm(A4サイズ)15000円


「お昼寝」297×210mm(A4サイズ)18000円


「babys」14.3×18.8mm →sold out


「babys2」17×12.8mm 3500円(フレーム込み、壁にも掛けられます)


「マトリョ―シカ」13.8×10.5mm →sold out

通常よりもかなり低価格に設定しましたが、ブログ特別価格という事で。

ほしい方いらっしゃいましたら
contactからご連絡ください。

小川かなこ
 
| お知らせ | 04:06 | - | - |edit